« January 2005 | Main | March 2005 »

Feb 28, 2005

アレキサンダー

3時間拘束映画!個人的には同じようなジャンル系ならトロイの方がよかったなぁ・・・。戦う理由が占領ではないことがね。時代は変わるけど、ナポレオンが北へ勢力拡大するためにロシアに入り、アレクサンドル2世(だったっけ)に破れ、アレクサンドル2世がそのままフランスを占領して行ったことを考えると、2300年前のアレキサンダーと300~400年前のナポレオン時代と行なっていることは変わらない?戦争を[夢]に置き換えただけなのか!?重く何かが残ったわけではないけど、なんとな~くどんより気味、息抜きになってない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 17, 2005

どこでも弾けるわけではない!?

さてさて、ようやく練習のスタートの話。チェロを手にして自宅に持ち帰り、いざ練習!初心者状態でもそれなりに音量があることをまだまだ知らずに弾いてしまった。しかも、仕事終わってから毎日22:00以降にやっていた!数週間すると不動産から電話が・・・。世に言うクレームってやつ。そー言えば楽器可のマンションではない!契約にもない!『あの~どこかの部屋から楽器のような音が出ているという連絡を受けたので、上階の方に連絡しています』と。私だ!間違いない!『もしかして大きな音で音楽聴いていたので、それかもしれませんね。すみません。気をつけます。』としらばっくれてみた。とりあえずセーフ。その後の私はサイレントチェロで試してみたり、部屋に防音施設を入れる計画を立ててみたり、はたまた楽器可のマンションに引っ越すことを考えてみたけど、あちらが立てばこちらが立たず状態に。そこで、見つけたのがスタジオレンタル。行き来がちょっと大変で時間的制約もあるけど、絶対文句を言われない!はじめて早々、東京の住宅事情ってやつにぶつかってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 07, 2005

はじめてチェロに触る

当然だけど、楽器に触れることからはじまった。それまでの私はチェロを持ったことがない!どころか、間近でみたこともない。まず部位の説明を受けていよいよ、構えるところから。チェロはなんとかなるけど、弓が・・・。持ち方もそうだけど、滑って落ちそうになることを訴えると、『落ちたら拾えば良いのです。』と、あ~そうですね。重力による自然現象のごくごく当たり前の問答をしてた。言われた型で開放弦を弾いて(弾くというよりなぞるかな)みると、お~出た出た!音が出た!出るじゃん!なかなか筋がいいかも!才能あるんじゃないの?なんて大きな勘違いもあって、最初のチェロとの出会いはとっても良好。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2005

プロコフィエフ交響的協奏曲作品125

『プロコフィエフの交響的協奏曲いいですよ!』曲の出だしの部分からハマッてしまった1曲。チェロをこんな風に弾くのかと目から鱗。はじめて聞いた時のチェリストはハンナ・チャンで、独奏コンサートにも行ってしまった、いいだろう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2005

なぜはじめたか?

いよいよ本題に。何かをはじめる時の動機は人それぞれだけど、私の場合・・・。きっかけはサントリーのCMでのヨーヨー・マ(よくある話!?)。単独のチェロの音や演奏者、演奏風景を意識して見たのはこれがはじめてだったかもしれない。何かがひっかかりつつ約1年後、急に行動を起こした。楽器屋、知人、インターネット検索。そして、ついに会ってみたい(教えて頂きたい)先生を発見!即電話。アポをとってお会いし、話し、音を聴いてその場で決めて習い始めた。動いてみないとはじまらない。そんな思いと行動がきっかけと言えばきっかけか。目標は、チェロそのものは表現する媒体の一つで、表現をするための手段であると言えるレベルまで(いったいいつだ?)。とにかくその理想表現を実現するための技術を身につけないことには話にならない。そこで練習開始へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »