« ヒトラー | Main | 東京 »

Aug 04, 2005

ボレロのバレエ

これも小学生くらいから聞き続けている一曲だけど、今だに飽きずまた聞きハマッてしまった。単純に音楽を聴いているというより、バレエとしてハマッたという方が正確かな。ボレロのバレエというと、たまたま大学に通っていた時のある授業で、ロシア?のバレエダンサーがボレロを踊っていたビデオを見たことがあった。当時私は美大生。音楽というよりは違う感覚で見てたんだろうけど、なんか気になったまま数年過ぎてしまった。そこで、今になってDVDコーナーを眺めてみた。ふと熊川哲也がプティの演出で世界初演をBunkamuraで踊っていた“ボレロ”DVDを見つけた。日本人がどう表現するのか、どんなボレロを見せるのか、音楽曲とバレエというものがどんな関係にあるのか・・・などなど、何度も見ている最近。『バレエは音楽とともにある』というインタビューのコメントが印象的だった。ただ、結局なんなのかは今だに不明。この曲に魅かれる理由もよくわからない。頭の中にボレロがぐるぐるしているけど、正体がつかめなくてもどかしい!!!!!

|

« ヒトラー | Main | 東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80916/5307275

Listed below are links to weblogs that reference ボレロのバレエ:

« ヒトラー | Main | 東京 »