« 2台目と2年目 | Main | 大聖堂(上・中・下) »

Feb 08, 2006

マンゴー・レイン

馳 星周の『マンゴー・レイン』。かなり珍しいアジア系(タイ)を背景とした本を手にとった。感想を一言で言うと、面白い!いろんな生き様を感じる。生まれと育ちとその結果はどうあがいてもイコールなのかと。そしてお金の怖さと執着を垣間見る。この本の背景が全てではないけど、タイという国のごくごく一部?を感じる。個人的には、数年前までは整備された国・先端といわれる文化を開拓している国にひかれる傾向があったけど、ロシアしかり、タイしかり、混沌でどこか純粋で、生きること・生活していくことにひたむきな部分と水面下で絡んでくるダークな部分の入り混じった文化に魅力を感じている。なんだろうか?変わる可能性を秘めていて、かつ変わらないかもしれない土壌・人間。興味そのものを考えさせられた一冊。

|

« 2台目と2年目 | Main | 大聖堂(上・中・下) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80916/8562681

Listed below are links to weblogs that reference マンゴー・レイン:

« 2台目と2年目 | Main | 大聖堂(上・中・下) »