Feb 28, 2011

ソーシャル・ネットワーク

遅ればせながら、明日は会社だというのにほぼ夜中の会を見に行った。なんとなくここ数ヶ月思うもやもやが・・・「常識と非常識」「体系と思いつき」・・・。今までの積み重ねや今ある事も大切。でも、それにこだわったり、回想してたら進化できない。まあ、もう少しぼやぼやしていると何かが見えてきそうな気がするけど、日々の忙しさにかまけてこういうのは忘れてはいけないなぁと感じた映画と見たタイミング。とりあえず、記録!

| | Comments (33) | TrackBack (0)

Apr 19, 2009

レッドクリフⅡ

Re2_view029Ⅰより断然面白い!兵法とか戦う意味とか仁義とか、なかなか今ではあるようなないようなことばかりだけど、とにかくⅡは面白かった。うまく行った時の戦略の有効性を最も感じる。CGも大いに活用されていると思うけど、でもいかにも、でないところも良かった。それにしても・・・『戦略』って・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 08, 2009

マヌエル・シュラスケリア

Manueruおいしいポルトガル料理屋さんを発見。発見というかいつも混んでいてなかなか入れず、やっと入れた。好みもあるかもしれないけど、うまい!炭火焼と干し鱈の料理は特においしい。近所になかなかコレというお店がない中、これは良い発見!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WBC東京ラウンド

Wbc03053/5、久々に東京ドームへ行った(仕事半分遊び半分)。お客さんがとても多いこと、イチローの打席時のフラッシュの多いこと、この2点が印象的だった。どんなスポーツでも[日本代表]は面白い。理由はやはりスター選手ぞろいだから。スター=プロ中のプロ。通常のファインプレーはできて当たり前、それ以上を求めて成し得るのがプロ。技術、気持ち、流れ、見せ方すべてにおいて。(と思うと、すべてではないけどサラリーマンのある種の気軽さって・・・。)第1回の時よりはるかに日本人のメジャーリーガーが増えている。でも、その中でもやはりイチローなんだろうなぁ、と。存在の大きさとなぜそうなのかを思いながらとにかく勝利!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 30, 2008

楽毅

Miyagitani_bunko諸葛孔明に楽毅のようにありたいと云わせた英傑というコメントを読んで、なんだかとっても気になり、宮城谷昌光氏作の「楽毅」全4巻を買い込んだ。面白くて面白くてもう終わり?という気分で読破。頭に残るワードは、戦略と器と天命。そして、言葉だけ記憶している孫氏の兵法や孟嘗君や・・・いろいろ読みたいもの、知りたいことが出てきた。相当深そうだと感じる中国と人。次は「孟嘗君」へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 06, 2008

レッドクリフ PartI

329757view008北京オリンピックの開会式から、かなり気になる中国と中国人クリエイター。そして、レッドクリフも相当楽しみにしていた。でも、戦闘シーンが多くて少しお腹いっぱいになってしまった。良かったのは諸葛孔明の表情。最終的感想はPartⅡを見てから。それまでに、どなたかの作の[三国志]を読破して、今よりもう少し背景とか設定とかちゃんと知っておこうと思った。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Jun 05, 2008

LEGOLEGO

0806legoまたしてもLEGO。海外限定の建物3部作中(勝手に命名)の2つ目。すでに3つ目を2階まで作成しているものの、この子もお披露目を。ピースの多いものを作れば作るほど、よくできていることがわかる。なんてことない壁面もちゃんと計算されてブロックが積まれるようになっているし。あえて言えば、動物たちのディテールが気になるところ。・・・しばし深夜の現実逃避・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2008

LEGO

0805legoとあるショッピングセンターのオープニング視察に出かけてはまったLEGO。その場で購入した家。そして帰宅後ネットサーフィン探索で海外限定3部作を発注。いずれも建物。その一つが完成!そして、LEGOブランドなる本も購入。面白い世界。。。常に夢のあるモノづくりっていい。感覚的にそこに自分がはまったのなら、大事なモノを失わずしての成長かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 01, 2007

外山啓介のショパン

Disc_kt誰が弾いているんだ?このショパン?と思って聞いてみたら、外山啓介。誰?とりあえずWEBで検索!なるほどー若者か・・・。まあ年齢は関係ないんだけど、でもこれだけ弾ける(表現している)ってすげーと思ってしまった。特にピアノ・ソナタ第3番の4楽章。それにしても、ピアノという楽器をフル活用しているショパンはやはりすばらしい。作曲家がいて、楽器があって、それを演奏する人がいて、聴く人がいて・・・はじめて成り立つ音楽。なんだか不思議な生き物な気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 08, 2007

ブラッド・ダイヤモンド

Bd_11990年代後半のアフリカ、シエラレオネでの内戦を描いた映画。ただ単に知らないだけで、とてつもなくすごい毎日が繰り返されてきたことを知る。ディパーテッドに続くよく出来た映画だと個人的に思う。アフリカ・・・それぞれの歴史と今か・・・。事実はもちろんあるとして、それよりもそのこと自体をほとんど知らないで暮らしていることに対する自分自身の狭さを感じる。少し前に[蒼き狼]を見た時も(映画自体は面白くなかったけど)そう思った。知ったことで何ができるわけではないけど、知らないで日々の愚痴を重ねている場合でもないような気がした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)